So-net無料ブログ作成

ハーブティー [美容と健康]

喫茶店やレストランなどでハーブティーを飲んで、自分の家でも飲んでみたい!と思ったことはありませんか。

飲むことでハーブティーはさまざまな効果を得ることができます。

さらに、香りや色を楽しんだりして、リラックスできる効果があります。

ハーブティーには、身体にいい飲み物というだけでなく、より楽しんで飲む事が大事になってくるでしょう。

日常生活における疲れを癒す事ができたり、緊張している心身をリラックスさせる事ができたりとする事ができます。

最初は、ハーブティーの専門店などで、すでにブレンドしてあるものを購入するのがよさそうですね。
お店の人と相談して、自分が望む効果や、好きな味などを伝えて、自分好みのものを手に入れてください。


2010-04-14 11:51  nice!(0) 
共通テーマ:美容

お肌のためのサプリ [美容と健康]

体に必須な栄養素も沢山ありますので、どれに的を絞れば良いのか少し悩むところではありますが、ビタミンとミネラルに関しては肌だけでなく体内のリズムをきちんと整えるという意味でも必須不可欠なので、少し参考にするとよいでしょう。

それに加えて自分が日頃足りないなと感じているような栄養素を補っていけば良いだろうと思います。

特定の栄養素だけに的を絞った感じのサプリも販売されている感じのため、ケースによっては数タイプ補給する感じのこともあるかとは思いますが、足りない栄養素を食事からとる感じのものが難しいのならばサプリで補う感じのことも大事です。

栄養素があまり足りなくなってしまうとほかの成分の作用が上手くいかないケースが多いですので、実際に何事もバランスよく補給する感じのことが望ましいでしょう。

タグ:サプリ


2010-04-03 14:29  nice!(0) 
共通テーマ:美容

顔を洗ったあとの化粧水の効能 [美容と健康]

化粧をする為の土台作りと言えるフェイスウォッシュですが、化粧に関してはフェイスウォッシュ後のお肌を守る役割もあります。

というのも、フェイスウォッシュした後の顔のお肌は、皮脂等を綺麗に洗い流した事で、保湿成分も少なくなっているので乾燥しやすいんです。

角質内の水分が蒸発すると、肌はカサカサになり、傷む要因となります。

それをフォローする感じのために、化粧によってきちんと肌を潤わせるんです。

フェイスウォッシュ後に初めに使用する物としては、化粧水がもっとも一般的でしょうか。

化粧水を顔になじませるようなことで、水分を失った感じの顔のお肌に潤いが戻ります。

特に、ビタミンC誘導体を実際に含んでいる感じの化粧水がかなり効果的といわれています。

化粧水をつける際、たくさんの人はコットンを、実際、使用するかと思われます。

その際に留意すべき点は、刺激をあまり強くしない事です。

タグ:効能 化粧水


2010-03-24 11:17  nice!(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

エイジングスキンの回復法(小鼻の黒ずみ) [美容と健康]

エイジングスキンの様々な症状は、若いころのお肌に関してのトラブルと変わらないのが殆どです。

しかし、その要因となるというようなものは全く異なっていますから、当たり前ですが、その対処法も異なります。

小鼻の黒ずみなども、その一つです。

エイジングスキンの場合の小鼻の黒ずみは、ターンオーバーの遅れや毛穴の開きが要因ですから、回復法としては、毛穴のケアと、新陳代謝を活発にする感じのことが第一です。

毛穴は、そのなかにつまった汚れをあまりほおっておきますと、直ぐに黒ずんできてしまうもんです。

ですから、しっかりとしたクレンジングや洗顔に関しては、いくつになっても、大切なようなことです。

そして、毛穴の開きそのものは、加齢による細胞の収縮が要因であるほかに、お肌の水分不足が要因となって起こりますから、日頃のケアも重要になってきます。


2010-03-08 15:55  nice!(0) 
共通テーマ:美容

加齢によるしみ [美容と健康]

エイジングスキンの症状の一つである「しみ」は、おおよそ30歳を過ぎたころから、次第に出始めます。

しみは、全体的なイメージを老けてみせるもんですので、なるべくでしたらできないほうがよいです。

しかも、一度できると中々消えてくれない感じのやっかいなもんです。

近頃では、お肌への興味も深まり、しみの要因の多くが紫外線である感じのこともとても著名になりました。

そのため、しみができるようなことを防止する感じのために、紫外線を避ける様々な工夫がなされています。

は勿論のこと、冬でもかなり日焼け止めクリームを塗ったり、外出時に関しては日傘をさしたり、あるいは、つばの広い帽子をかぶったり、近頃では、半袖からのぞく腕を紫外線から守る感じのために、腕カバーなる感じのものもよく見かけるようになりました。

こんな風に、自分自身でお肌を紫外線から守るというようなことにより、エイジングスキンの症状であるしみを防止する感じのことができます。

タグ:しみ 加齢


2010-02-25 13:56  nice!(0) 
共通テーマ:美容

雑穀ダイエットの効果 [美容と健康]

雑穀は栄養満点といえますが、まず雑穀には驚くほどの量の食物繊維が入っています。

そのため、カラダの中の老廃物や脂肪が大掃除されて、痩せたい脂質に変わる働きが期待できます。

また、抗酸化作用があり、老化の原因を除去してくれるので、新しい細胞の再生が促進されて、アンチエイジングにも効果的です。

雑穀は免疫力を高める成分も豊富で、病気になりにくい体作りもしてくれます。

雑穀は味わい深いので、美味しいと感じることで、免疫機能活性化ホルモンの分泌を促します。そのため、免疫力を益々高めて、自律神経の働きもよくしてくれると言われています。


2010-02-12 17:14  nice!(0) 
共通テーマ:健康

界面活性剤って? [美容と健康]

今、敏感肌の女性が多くなっていることもあり、無添加化粧品や低刺激の化粧品が注目されていますが、化粧品の安全性に気を遣っている人が多くなっているようです。

よく悪者扱いされる界面活性剤ですが、これは、化粧品や洗剤などに含まれる成分です。
界面活性剤は、水と油を混ぜ合わせ、安定させる役割があります。
乳液やくりーむなどほとんどの化粧品に含まれている成分です。

界面活性剤の中には、人工的に作られるものと、自然界に存在するものとがあります。

皆さんが避けたいと思っているのは、石油系の界面活性剤ですよね。
石油系の界面活性剤は、水と油を長時間安定させることができますが、洗顔後にもお肌に残りやすい性質も持っています。
そのため、敏感なお肌の人は、この残った成分がトラブルの原因となるようです。

タグ:界面活性剤


2010-02-03 19:58  nice!(0) 
共通テーマ:美容

ターンオーバーとメラニン色素 [美容と健康]

表皮の一番内側にある基底層で作られた新しい細胞は順番に表面へ押し出されて行って、最後は一番外側の角質層で角質細胞になります。
角質細胞はある期間をその場に留まって、垢としてはがれ落ちます。
この一連の流れを、ターンオーバーといいます。

ターンオーバーは、6週間程度の一定のサイクルで行われています。
お肌が健康だと、このサイクルが崩れることがなく、角質層も一定の厚さに保たれています。

ターンオーバーは表皮のみで、その下の真皮では行われないので、真皮に傷が付くと完全に元に戻りません。

なので、真皮は強力に守ってくれるものが必要ですが、それが表皮です。

シミの原因となるメラニン色素は、基底層にあるメラノサイトという細胞で作られて、真皮に紫外線が届かないように守っています。


2010-01-28 16:11  nice!(0) 
共通テーマ:美容

シミに効く成分 [美容と健康]

シミに効果的な成分でとても有名なのは、ビタミンCです。ビタミンCはシミだけでなく美肌に効果的とされています。
特にタバコを吸う女性にとっては必須のサプリメントです。普通の人以上に多く消耗されるので、他の人以上にビタミンCを摂る必要があります。
また、ビタミンAのレチノールという成分も効果的です。
レチノールよりさらに強力とされているのが、レチノイン酸です。
レチノイン酸は、強力な成分なので、お肌に効果が現れるのが目に見えてわかるということです。

ですが、強力なものは、お肌に良いことばかりでもないようなので、注意が必要です。

アルブチン、ハイドロキノンも美白成分として、最近注目を浴びています。

タグ:効く シミ 成分


2010-01-26 16:43  nice!(0) 
共通テーマ:美容

敏感肌のタイプ [美容と健康]

敏感肌の中でもアレルギー肌は、ある特定の物質に対してアレルギー反応を起こすお肌で、原因となっている物質を特定して、それを避けることでお肌トラブルはあらかじめ予防できっます。
化粧品を新しくするときは、成分を見て、買ったら使う前にパッチテストをします。
また、肌荒れを起こす化粧品が分かるときは、それに含まれている物質を見て、その物質が入っていない化粧品を選ぶようにすると良いようです。
また、日焼け過敏肌というのもあります。日焼け過敏肌は、紫外線に対して過敏に反応するお肌で、少し日焼けを下だけで肌トラブルを引き起こします。
お肌が乾燥しやすかったり、メラニン色素が少なかったり、肌を紫外線から守る力が弱いなどのお肌の状態です。
日焼け止め化粧品がトラブルの元になることもあり、そういったときは、日傘や帽子などを使って紫外線からお肌を守りましょう。


2010-01-14 10:55  nice!(0) 
共通テーマ:美容



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。